製品一覧

TAVIモデル

TAVIモデル

冠動脈造影や、ステントバルブ留置前後でのPCIのシミュレーションも可能です。大動脈弁パーツを交換することで、二尖弁や高度石灰化など、さまざまなシーンを再現することができます。

大動脈弁狭窄症に対する新たな選択肢であるTAVI(経カテーテル的大動脈弁置換術)のトレーニングが可能です。拍動ポンプつきで冠動脈造影もできるため、ステントバルブの留置位置と冠動脈の位置、留置過程での血流の変化が再現できます。ステントバルブはバルーン拡張型、自己拡張型、また、アプローチはTF(大腿動脈)、TA(心尖部)の両方に対応しております。X線透視下での本格的なトレーニングから、展示ブースでの案内、ベンチでの手技の指導など、さまざまなシーンでの使用を想定しております。

経カテーテル的大動脈弁置換術

heartroid_osaka

TAVI_Basic Set


TAVI 基本セット

TAVIモデルTAVIモデル

主な形状は冠動脈モデルを基にしており、大動脈弁が脱着式であるため、留置後のステントバルブの回収を迅速に行うことができ、効率的なトレーニングが可能です。


TAVI用タンクTAVI専用タンク

X線透視下、非透視下での視認性を考慮した透明アクリルタンクです。また大腿動脈だけでなく心尖部からのアプローチも可能です。


拍動ポンプ拍動ポンプ

40~100bpm(流量換算で1600~4000ml/min)までの拍動流を制御します。収縮期と拡張期で流量を変える動作モードとサインカーブの動作モードを備えることで、実際の造影に近い画像を再現することができます。ポンプと専用タンクをつなぐダクトは、ワンタッチで取り外しでき、容易にタンクの移動や水の入れ替えができます。


シースが付いた専用チューブシース付チューブ

シースが付いた専用チューブ
6Fr

※ ラディアルアプローチ用シースは付属しますが、フェモラルアプローチ用シースは含まれません。18〜20Frのものをご用意ください。


専用コーティング剤専用コーティング剤

カテーテルが滑りやすいように
モデルの内部に使用します。


専用ホース専用ホース

ワンタッチ継手が付いた
専用ホース


※製品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。
※製品のカスタマイズにも対応しております。 詳しくは、株式会社JMCまでお問い合わせください。

ページ上部へ戻る