製品情報

  1. 心筋生検モデル

    実臨床と同じように、X線透視下で心筋生検を行うことができます。透明な心臓モデルを用いており、シースや鉗子の向きを外から確認しながら手技ができます。正しい場所で組織を採取できたかどうかもわかりますので、これから手技をされる方の技術の確認にもなります。

  2. トレーニング用ステント

    リユーザブルなトレーニング用ステントです。 HEARTROID冠動脈モデルを用いてPCI(冠動脈ステント治療)のトレーニングが可能です。 実際と同じ手法でステントを留置でき、簡単に取り出すことができます。

  3. TAVIモデル

    冠動脈造影や、ステントバルブ留置前後でのPCIのシミュレーションも可能です。大動脈弁パーツを交換することで、二尖弁や高度石灰化など、さまざまなシーンを再現することができます。

  4. EVT&RDNモデル

    標準モデルは主に下肢の末梢血管に対するEVTを想定したモデルです。腎動脈も再現しておりますので、RDN(腎動脈デナベーション)などの新たな機器や治療法に対応し、デバイスの選択から操作法のトレーニングが可能です。用途に応じた血管のカスタマイズも可能です。

  5. 四腔モデル – Ablation

    不整脈に対するカテーテルアブレーションの基本手技である3Dマッピングのトレーニングが可能です。内頚静脈、大腿静脈からのアプローチに対応しています。また、心筋生検や、ブロッケンブロー法のトレーニングも可能です。

  6. 冠動脈モデル

    カテ室でのX線透視を用いた実践的なCAG(冠動脈造影)のシミュレーションや、基本的なPCI(経皮的冠動脈形成術)で要求されるワイヤ操作、バルーンカテーテルやステントなど、治療用デバイス操作のトレーニングが可能です。

ページ上部へ戻る